明るいレンズが欲しかったのです

くらし

すごく好き!でもないけれど、写真を撮る事は昔から好きなほうです。

カメラをマイクロフォーサーズに変えて、レンズも一新。

わたしの手持ちのレンズで1番明るいレンズはLeica15mmのF1.7

15mmなので、被写界深度が深く、そしてライカのレンズはこっくりとした雰囲気になる印象です。

写真の色味、サイズ感その他諸々はとても気に入っている。

それなのになぜ明るいレンズ欲しいとなったのかというと、

先日、末娘のダンススクールの撮影の裏舞台を撮影する係というのをさせてもらう機会があり、

いつものGX7MK2で動画を。

そして、眠っていたEOS40Dにて写真を撮る。

というふうに挑みました。

撮影の裏舞台。

ということで、あんまり近くには寄れないので。。。

と思い、Canonには100mm F2を。Lumixには14−140mmをつけて行きました。

そこで、EF100mm f2のレンズを久しぶりにちゃんと使ってみると…

やだー!いい!柔らかい描写がいい!人撮るのに最高!

と、改めて思いまして。

で、こちらのレンズ、マウントアダプターを使って、Lumixでも使えるのですが、マイクロフォーサーズマウントのカメラにつけますと、100mm→200mmとなってしまいます。

さらにはAFもききません。

それでは流石に外で離れたところでのモノ撮り風景撮りなら良いが、近くだったり家の中だったり動く人だったりが撮りにくい。

それで、柔らかいボケののる、マイクロフォーサーズ用の明るいレンズが欲しいな〜

と、なったわけです。

色々検索、作例見たり、価格コムでクチコミ読んだり。

その結果、家の中でも使いやすい画角で明るいレンズ。

大口径レンズでも高価でないもの

大きすぎないもの

と、選んだのは

SIGMA 30mm F1.4 DC DN

そしてそして何となんと、

先程、レンズの事だし、と、何気なく検索してみると・・・

昔々ブログを楽しみにしていたダカフェ日記の森さんが愛用されてたレンズがまさかの

sigma 30mm f1.4

でした。

マウントは違いますが。(びっくりびっくり)

ブログを読んでた頃気になっていたレンズではありますが、気になっていたのは、末娘が生まれる前だったので、10年以上前の話です。

記憶の刷り込み?

知らず知らずのうちに選んでたレンズが、昔々憧れてたダカフェレンズだったとは。

早速今日は近場の観光地へ。

本当は桜の時期の夜桜のライトアップが素晴らしくきれいなとこだったから、その時期に行きたかったけど、4月はじめは忙しく。

今は芝桜と花桃が綺麗に咲いてるとか。

で、行ってきました。

拙い写真ですが、自分が検索してて作例いっぱいみたかったので載せます。

ピントのきてる花でわかるように、実はもうすでに満開の時期は過ぎてしまっていたよう。

それでも十分綺麗!(写真ではイマイチ伝わらない腕の無さよ…)

開放でのボケがすごい。

やわらか!

芝桜もきれい。

おじさんが一生懸命管理されてるみたいです。散ってくる花をひたすら穿いてました。ごくろうさまです。ありがとうございます。

あっち向いてもこっち向いても花桃。

ツツジもあったけど、とにかく花桃

作例は全て開放f1.4か、もしかしたら1.8のも混じってるかも。

マイナーだけと観光地だけあって、平日だったけど、そこそこの人出。

おばちゃんたちが

「うわー!綺麗よ!ほーんと!ほれ、見てみ!」

「800本植わっとるっらしいに」

「ほりゃすごいわ」

なんて話すのを1人聞きながら小1時間フラフラと写真を撮りながら散策。

それから週末に帰ってきてた長男の車に初めて乗りました🚗

カッコつけて片手運転。

両手で運転した方が良いよ。

と、アドバイス。←もちろんスルーされたけど

久しぶりに休日楽しめました♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました